セブ島留学お役立ち情報Useful information

  • HOME
  • フィリピン・セブ島 留学の安全性

フィリピン・セブ島 留学の安全性

フィリピンの治安は、日本より安全です!というほど良くはなく、かと言って極端に悪いわけでもありません。
フィリピンには多くの日本人も滞在していますが、日本人だからと言ってすぐに気を許してしまうのもいけません。
語学学校が集まるセブ島やマクタン島周辺はフィリピンの都市圏の中でも比較的治安は良い方ですが油断大敵。
ここでは安全に留学生活を送る為に、気を付けるべきポイントをまとめました。

語学学校内でも私物などを置き去りしない

置き引きの原因になります。
学校内でも必要以上の現金を持ち歩かないこと、貴重品は安全な場所に大切に保管しておくこと、カバンはチャック等で閉めることができるものを用意しましょう。
また人の多い所に行くときは、ポケットやハンドバッグなどに貴重品を入れて持ち歩かないことです。
日本では普段そこまで気にならない行動も、海外では迂闊にとってはいけません。
貴重品を入れたカバンやバッグは身体の前にかけて肌身離さず持っておきましょう。

治安の悪そうなところに行かない

人影が少ないスラム街や治安の悪そうな所に近づかないようにしましょう。
廃墟になっているビルや壁に落書きが多いところ、怪しい雰囲気で若者などのたまり場になっているようなところは避けましょう。

空港での出迎え人、出迎えの車はしっかり確認すること

空港には留学で来た人に分かりやすく、語学学校等の受入先の人が、学校名や氏名の書かれたボードを掲げて留学生を待ち構えているのが多くみられます。
ただ気を付けなければならないのが、留学先の学校を見つけてもすぐに信用していけません。
全く関係ない別の人がボードに書いている内容を巧みに写しとって受入先と見せかけている可能性もあります。
事前にボード以外の情報で目印となるものやどんな人が出迎えてくれるのか等を確認しておくようにしましょう。

深夜に1人で出歩かない

フィリピンの歓楽街は深夜でもにぎわいがありますが、いくら人が多いところであっても1人で出歩かないようにしましょう。
夜に外出する時は、複数名でタクシーを使用しましょう。
夜に1人で行動をとらないのを肝に銘じておいて下さい。

タクシーをうまく活用する

地元の人が多く利用するジプニーはトラックの荷台を10名程の人が乗れるようにした乗合バスです。
たくさんの人が乗るので、スリに気を付けましょう。
また留学中はタクシーを利用することも多いでしょう。料金は初乗り40ペソ(約108円程)なので利用もしやすいです。
しかしタクシードライバーで外国人客にぼったくりの料金請求をする人も中にはいます。
それでも何百円か高くなるだけで、基本は日本と同じようにメーター制です。
値段交渉をしてくるドライバーもいるので、フィリピンのタクシー料金の相場を事前に確認しておきましょう。

公衆の面前で争いごとなどしない

フィリピンでは人前で相手を罵ったり侮辱するような行為はタブーとされています。
感情的になることもあるかもしれませんが、その時は一呼吸置いて冷静にふるまえるように心を落ち着けさせましょう。
大きなトラブルやもめ事になる前に、その場が穏便に済むよう振る舞うか速やかにその場を離れて下さい。

派手な服装をしたりブランド物を身につけたりして目立つことは避けましょう

あまり派手な格好や高価なものをみせびらかすようなことは避け、現地の雰囲気に溶け込みましょう。
出来ればアクセサリーや高価な時計はつけない方が無難です。
学校の敷地内やホテルやリゾート地であれば極端に気を遣わなくてもなくていいですが、ジプニーに乗るときやダウンタウンを出歩くときは要注意です。
スリや犯罪のターゲットにして下さいと言っているようなものなので気をつけましょう。

必要以上のお金や普段不要な貴重品は持ち歩かない

普段使用しない、クレジットカードやキャッシュカード、必要以上の現金などは持ち歩かないようにしましょう。
いくら用心深く注意していても、トラブルや事故に巻き込まれる可能性もゼロではありません。
ズボンのポケットに見えるように財布を入れたりするのもやめましょう。

見知らぬ人を安易に信用しない

日本語ができる人にはすぐに気を許してしまいがちになりますが、町中などで知らない人に話しかけられても深く関わることのようないにしましょう。
セブ島にはストリートチルドレンも見受けられます。
複数人でやってきて、ポケットやカバンをあさろうとすることもありますが、 ポケットには何も入れておかずカバンはなるべくショルダーバックなどで体の前で守れるタイプが望ましいです。

まとめ

留学生が犯罪に巻き込まれるケースはほとんど聞きませんが、犯罪に巻き込まれやすい、またはターゲットとして狙われやすいのは留学生や外国人観光客です。
普段から常に気をはり続けておくべき!とまでとは言いませんが、上記でご紹介したポイントを心得た上で留学に行きましょう。
また何かあった時の相談先や連絡先も留学エージェントなどで出発前に確認しておくことです。

留学前に十分に安全対策について理解した上で、事件や犯罪に巻き込まれることは未然に防ぐことができます。自分の身は自分で守るということを念頭に置いて、楽しく安全な留学生活を送りましょう。

セブ島留学情報
お役立ちコンテンツ

語学留学スタッフ体験記

セブ島留学お役立ち情報

セブ島・留学ブログ③

セブ島・留学ブログ②

セブ島・留学ブログ①

Page Top