セブ島・留学ブログ③Blog

  • HOME
  • セブ島・留学ブログ③

映画館

週末、先生とバッチメイトと一緒に「Beauty and the Beast」を観に映画館へ行ってきました。

日本では、4/21に公開予定ですが、フィリピンでは日本よりも早く公開されます。

洋画作品は日本のように、字幕をつける必要がないからだそうです。

なので、私たち留学生にとっては、リスニングの練習になります。

チケットは、一人230ペソ、日本円で460円くらいです。

ジュースやポップコーンを買っても1000円かかりません。

日本で映画を観るとチケットだけで1800円くらいなので、半額以下で観ることができます。

映画館のつくりやシステムは日本とほとんど同じですが、お客さんが少ない時は自由席です。

映画を観ていて一番驚いたのは、上映中、フィリピン人のリアクションがとても大きいことです。

日本での映画を観るときのマナーは、話をしたり、騒いだりしないように静かにしましょうというものですが、フィリピンでは全く違います。

面白いシーンでは大声で笑い、キャストが歌うシーンでは一緒になって歌いはじめるので、劇場内で合唱が始まります。上映中に隣の人同士で会話もします。上映の終わりのエンドロールになると、みんな拍手をします。

最初は、日本の映画館のように、落ち着いて集中して観ることができるか心配でしたが、観客の一体感に感動して、ミュージカルを見ているような感覚でとても楽しかったです。

映画の新しい楽しみ方を知ることができました。

【映画館】

映画が終わってから、日本の映画館の違いを先生に話すと、先生は「そんなの映画館じゃないみたい!日本人はつまらない!」と驚いていました。

映画に感動して、同じ作品を2回観に行きました。せっかくなので、それぞれ違う場所で観たいと思い、1回目はロビンソン、2回目はSMモールというショッピングモールに行ってみました。

ロビンソンは、最近で来たモールなので、設備も新しく快適に観ることができますが、ジプニーが少ないため、交通手段がタクシーくらいしかありません。

SMモールは、設備はロビンソンより古く感じますが、シートの背もたれがプラネタリウムのように少し倒れているので、ゆっくりと観ることができました。

ジプニーもたくさん通っているので、交通手段にも困りません。

ただ、お客さんはロビンソンと比べ、とても多いのでたまに混雑します。

意外なところでフィリピンの文化の違いを経験をすることができました。

まだ4ヶ月あるので、これからも通おうと思います。

セブ島留学情報
お役立ちコンテンツ

語学留学スタッフ体験記

セブ島留学お役立ち情報

セブ島・留学ブログ③

セブ島・留学ブログ②

セブ島・留学ブログ①

Page Top