セブ島・留学ブログBlog

  • HOME
  • 生きた英語を感じる時

生きた英語を感じる時

USPは小学校から大学、専門学校も併設している学校である。
USP-ESLはその学校の中に併設された語学学校なので、小学生から大学生までいろいろな年齢の現地の学生がおり、 それぞれ様々なバックボーンを持っている。家が裕福で、家族の人が送迎してくれる学生もいれば、必死に勉強し、 奨学金で夜はアルバイトをしている苦学生もいる。

校舎 学生

現在、USP-ESLのスタッフの方がもっと大学と提携して僕たち留学生との交流会などの計画を進めてくれているが、 現在は、特に大学生との交流の場が用意されている訳ではないが大学のサークルに参加するのは自由なようだ。

ホール バスケ

実際に大学のサークル活動として、現地の学生とサッカーやバスケットをプレイしている生徒が何人かいる。

僕自身は特別スポーツが出来る方ではないので、参加していないが、 横から見ているとプレイ中の英語というのも日本で勉強することが出来ない『生きた英語』なんだと感じた。

バスケットゴール サッカー

先生にマンツーマンで教えてもらう英語だけではなく、ルームメイトとのやり取りや現地学生とのやり取りを通して、 『生きた英語』を学ぶことが出来るのはこの学校の最大のメリットである。

是非、USP-ESLのスタッフの方には交流会を実現させてほしい。

セブ島留学情報
お役立ちコンテンツ

語学留学スタッフ体験記

セブ島留学お役立ち情報

セブ島・留学ブログ③

セブ島・留学ブログ②

セブ島・留学ブログ①

Page Top